論文“X-ray fluorescence holography of biological metal sites: Application to myoglobin”がBiochemical and Biophysical Research Communications誌に掲載されました。林 好一教授、木村耕治助教(計画班A02-1)及び松下智裕教授(公募班A01-2)らが、蛍光X線ホログラフィーを用いて、筋肉中にあって酸素分子と結合するミオグロビン タンパク質中の鉄周辺の原子イメージングを試みました。[論文リンク