超秩序構造物質のマクロスケール
物性と局所電子状態の計測

研究代表者:
石川 毅彦 宇宙航空研究開発機構・教授
微小重力下での熱物性計測

研究分担者:
横谷 尚睦 岡山大学・教授
光電子ホログラフィーによる電子構造、原子配列同時計測

橋本 由介 奈良先端科学技術大学院大学・助教
硬X線光電子ホログラフィー装置の開発


正井 博和 産業技術総合研究所、主任研究員
非晶質の物性計測

<目的>
光電子ホログラフィーの高度化(硬X線対応、原子配列と電子構造の同時計測)を行うとともに、非晶質の様々な物性計測を行う。

<内容>
硬X線対応の光電子ホログラフィー装置を開発して、対応できる試料種を大幅に拡大する。また、開発した装置をSPring-8に設置して、超秩序構造の原子配列と電子状態の同時計測を確立する。国際宇宙ステーションに設置した静電浮遊炉を用いて高温で溶融する非晶質の熱物性データを精密に測定するとともに、地上の装置群を用いて非晶質の多様な物性を計測する。

<連携>
試料班(A01)から提供される超秩序構造物質について、A02-1班と協力して体系的な測定を行い、得られたデータを解析班(A03)に提供して、超秩序構造のミクロな構造とマクロ物性との相関を解明する。