エマージェント物性を生みだす
超秩序構造の創出

研究代表者:
谷口 博基 名古屋大学・准教授
新機能誘電材料の設計と開発、研究総括

研究分担者:
久保園芳博 岡山大学・教授
新機能電子材料および超伝導材料の設計と開発

中島 清隆 北海道大学・教授
新機能触媒材料の設計と開発

武田 博明 埼玉大学・教授
無機化合物の高品質単結晶育成

田中 秀明 大阪大学・准教授
金属含有蛋白質の高品質結晶育成

佐藤 友子 広島大学・准教授
高圧物質合成および高圧下物性計測

<目的>
超秩序構造によるエマージェント物性の創出、超秩序構造の精密解析および超秩序構造と物性の相関解明の為の高品質試料の合成を担う。

<内容>
①電場/光/応力等の多様な外部刺激に応答する超秩序構造の設計、マルチチューナブル誘電体の新規開発を行う。高温高信頼性キャパシタの候補材料探索を進める。
②新規な電子状態を誘起する超秩序構造の設計、超伝導物質や機能性電子材料の開発に取り組む。
③優れた電子伝達能を有する超秩序構造の設計、高活性多孔体触媒および機能性金属含有蛋白質の開発に挑戦する。
①-③において広い圧力条件下での物性探索を実施し、革新的な機能性を有する超秩序構造の創出に取り組む。

<連携>
A02に精密計測で必要な高品質単結晶を提供する。
A03での物性予測・物質提案を物質探索にフィードバックする。
A01-2に対して産業応用に向けた物質系を提案する